著者アーカイブ laposadadelreloj

著者:laposadadelreloj

オンラインカジノの仕組みでわかるプレイテックとの関係性

オンラインカジノの仕組みでわかるプレイテックとの関係性
オンラインカジノを運営するためには、プレイテック(Playtech)のようなゲームプロバイダーや決済代行会社など、独立するいくつかの企業や機関が一体となる必要があります。
これはオンラインカジノ運営に必要なライセンスで決められているルールであり、オンラインカジノ単体での運営はできません。
許可を得ていない違法のオンラインカジノの場合、そのような仕組みに縛られていないため、ユーザーに対して様々な不正行為を行っています。
大前提として、ライセンスを所持しない違法オンラインカジノでは絶対に遊んではいけません。
そこで今回の記事では、オンラインカジノの仕組みでわかるプレイテック(Playtech)との関係性について詳しく解説いたします。
ある程度オンラインカジノに詳しい方でしたらご存知かもしれませんが、初めてオンラインカジノで遊ぶ初心者の方は、是非この仕組みを知っておくと安心感が生まれます。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノとは、インターネットを使って様々なカジノゲームで遊べるギャンブルサイトのことで、今世界中で大変注目を集めています。
ライブカジノやテーブルゲーム、一撃億万長者も可能なスロットなどギャンブラーにとって手に汗握るカジノゲームがたくさん揃っています。
そんなオンラインカジノですが、運営会社のほかプレイテックのようなゲームプロバイダー、クレジットカードやオンライン決済を代行するサービス会社、公平性を監視する第三者機関、ライセンスを発行する国や地域などから構成されています。
このようなオンラインカジノの仕組みが確立しているからこそ、ユーザーは安心安全にギャンブルを楽しむことができるのです。

プレイテックと業務提携しゲームを購入

プレイテックと業務提携しゲームを購入
プレイテックはオンラインカジノ用のゲームを開発・販売するゲームプロバイダーで、世界中のあらゆるオンラインカジノと業務提携しています。
業務提携してゲームを購入することで、オンラインカジノはプレイテックのゲームを自サイト内で配信し、ユーザーへの提供が可能になります。
オンラインカジノの運営会社が異なるのに、同じプレイテックのゲームで遊べるのはこのような仕組みがあるからです。
これはパチンコ屋と遊技機メーカーの関係に近いと言えます。
つまりオンラインカジノの運営会社がパチンコ屋で、プレイテックのようなゲームプロバイダーが遊技機メーカーです。
パチンコ屋が独自に開発したゲームをホールに導入できないのと同じで、オンラインカジノの運営会社もカジノゲームの独自開発はできません。

ゲーム配信は全てプレイテックが運営

オンラインカジノはあくまでも「配信権利」をプレイテックから購入しているだけであり、実際のゲーム配信はプレイテックが行っています。
ゲームは全てプレイテックのサーバーで管理しており、メンテナンスやセキュティ管理などは全てプレイテックマターとなります。
簡単に言ってしまえばゲーム結果だけをオンラインカジノへ送信し、オンラインカジノの運営がユーザーアカウントのクレジットへ反映させているわけです。
ライブカジノも同様で、プレイテックが用意する専用スタジオからウェブカメラを使って配信しており、運営管理は全てプレイテックです。
オンラインカジノを運営する関係者がライブカジノのスタジオへ立ち入ることはできません。
これはイカサマ防止の観点から決められているルールなのです。

プレイテックのゲームにイカサマは皆無

プレイテックのゲームにイカサマは皆無
今「イカサマ防止」という言葉が出てきましたが、これはライブカジノだけではなくテーブルゲームやスロットも同様です。
オンラインカジノのようなギャンブルで最も重要なのは公平性であり、全てのユーザーに対して同様の条件でゲームを提供しなければいけません。
そこにイカサマは絶対にあってはいけない行為なのです。
テーブルゲームやスロットには乱数発生装置(RNG)を搭載し、全てのゲーム結果をランダムに抽出しています。
人的にゲーム結果を操ることは絶対に不可能で、さらにゲームプロバイダーが付ける第三者機関により厳しく監視されています。
このような監視体制の中、プレイテックがイカサマすることは絶対にできません。

まとめ

今回は、オンラインカジノの仕組みでわかるプレイテック(Playtech)との関係性について詳しくご紹介いたしましたが、ある程度ご理解いただけましたか?
オンラインカジノというのは、運営会社単体でユーザーへギャンブルを提供することはできず、いくつかの企業や機関が一体となって運営しています。
プレイテックはライブカジノやテーブルゲーム、スロットなどの各種ゲームを開発し、オンラインカジノへ配信権利を販売するゲームプロバイダーです。
オンラインカジノの運営会社によってゲームの開発はできない決まりのため、プレイテックのようなゲームプロバイダーは無くてはならない存在なのです。
また大手ゲームプロバイダーであるプレイテックでは、業務提携前に厳しい審査を行っているため、プレイテックのゲームで遊べるオンラインカジノでしたら安心してギャンブルを楽しむことができます。

著者:laposadadelreloj

オンラインカジノを必勝に導く『モンテカルロ法』運用心術の基礎知識

オンラインカジノで効率良く勝つには、有効な戦略が必要です。
今回は【オンラインカジノを必勝に導く『モンテカルロ法』運用心術の基礎知識】と題し、モンテカルロ法の威力を最大限に上昇させる『運用心術』に関する基礎知識、オンラインカジノ運用時ならではの失敗例と対処法をご紹介します。
 
オンラインカジノ必勝法・攻略法に興味のある方は、ぜひご参照ください。
 
 

『モンテカルロ法』が有効なゲーム

『モンテカルロ法』が有効なゲーム

「オンラインカジノに有効な必勝法」は 豊富に存在しますが、すべてのゲームに対応可能な『万能必勝法』は まだ発明されていません。
 
今回ご紹介する『モンテカルロ法』は、ランドカジノや公営ギャンブル、FX や 株式・再建などの投資の世界で古くから親しまれている数学的攻略法の1つで、オンラインカジノでは主に勝率1/3・3倍配当のゲーム(ヨーロピアン・ルーレットのダズンやカラム)の長期戦で絶大な威力を発揮します。

2倍配当のゲーム(ヨーロピアン・ルーレットの赤黒・奇数偶数・ハイ&ロー、バカラ、ブラックジャック)でも運用可能なモンテカルロ法ですが「効率良く勝つ」ことを最重要視するのであれば、3倍配当のゲームに絞って運用した方が、良い結果に繋がるでしょう。
 
 

モンテカルロ法の運用方法

モンテカルロ法の運用方法はシンプルですが、勝敗がランダムに起こりやすいゲームで活用するため、運用時は計算ミスが起きないようにメモなどで数字を把握するようと良いでしょう。

2倍配当の基本的な『モンテカルロ法』運用方法
連続数を3つ(1・2・3など)用意し、両端を足した合計数(1+3=4)をベットする。
負けたら合計数を連続数に足し(1・2・3・4)、さらに両端を足した合計数(1+4=5)をベット、勝った時は両端の数字を1桁消す(・2・3・

3倍配当の基本的な『モンテカルロ法』運用方法
連続数を5つ(1・2・3・4・5など)用意し、両端の数字を足し(1+5)その合計数(6)をベットする。
負けたら合計数を連続数に足し(1・2・3・4・5・6)、さらに両端を足した合計数(1+6=7)をベット、勝った時は両端の数字を2桁消す(1・2・3・4・5・6
 
2倍配当・3倍配当どちらも、数字が足せなくなった時点で『1セット終了』になります。
  
 

モンテカルロ法の運用失敗例

モンテカルロ法の運用失敗例

統計学的に考えられた『モンテカルロ法』ですが、オンラインカジノ運用時ならではの主な失敗要因として「損失の拡大」と「ベット上限額」という2点の『強制終了フラグ』が挙げられます。
 
モンテカルロ法 強制終了フラグ1|連敗時に起こりやすい『損失の拡大』
損失の拡大は「モンテカルロ法を、止められない状態に追い詰められた」時に起こります。
モンテカルロ法は「複数回勝つことで損失を回収し、利益を出す攻略法」です。
 
「負けたとしても適度に勝てれば、スムーズに利益が出せる攻略法」といえますが、この負けにハマった状態に気付かないままプレイを続行した場合、勝っても損失が回収できず、それまでに費やした軍資金の回収が困難になります。

モンテカルロ法 強制終了フラグ2|オンラインカジノならではの『ベット上限額』
オンラインカジノでは『ベット上限額』が設けられています。
『ベット上限額』は、各ゲームやボーナス利用時など条件によって金額が異なります。
 
テーブルリミットが100ドルと設定されているゲームでは、100ドル以上は賭けられません。   

またボーナス利用時は『ボーナス賭け上限額』という賭け条件に従う必要があります。
『ボーナス賭け上限額』では「テーブルゲーム・ライブゲームは、一律 25 ドルまで」など、ベット上限額が少額なため、モンテカルロ法の上限に簡単に達してしまい、攻略法が継続できなくなります。
 
『ボーナス賭け上限額』の影響で強制終了が頻繁に発生すれば、損失は大幅に膨らむ結果になるでしょう。
 
 

オンラインカジノを必勝に導く『運用心術』

オンラインカジノを必勝に導く『運用心術』

先ほどのようなオンラインカジノならではの理由で損失を出さないためには、モンテカルロ法の威力を最大限に上昇させる『運用心術』を習得する必要があります。

モンテカルロ法の運用心術1|リスクマネジメント
「20ドル程度のベット金額になったら、運用を中止する」といった、金額の設定は各プレイヤーの資金量や戦略によって変わってきます。
時間がある時に、オンラインカジノで無料ゲームをプレイして、自分の軍資金に合った『損切りライン』をシミュレーションすると良いでしょう。

モンテカルロ法の運用心術2|ボーナス利用時は運用しない
ボーナスを安易に利用すると、賭金上限が一気に引き下げられます。
そのため「スロットで使い切ってしまう」もしくは「ボーナスを受け取らない」といった対策を行うと良いでしょう。
 
モンテカルロ法の運用心術3|テーブルリミットを把握する
モンテカルロ法は、そこまで賭ける金額は増えません。
しかし、テーブルリミットに達する可能性もゼロでは無いため、テーブルリミットの把握は非常に重要です。
 
 
今回は【オンラインカジノを必勝に導く『モンテカルロ法』運用心術の基礎知識】と題し、モンテカルロ法の威力を最大限に上昇させる『運用心術』に関する基礎知識、オンラインカジノ運用時ならではの失敗例と対処法をご紹介しました。
 
『モンテカルロ法運用心術』を上手く活用することで、より安全にオンラインカジノで効率良く勝てるようになるでしょう。

著者:laposadadelreloj

イカサマや不正行為が横行する違法ネットカジノを解説

ネット上には多くの違法ネットカジノが存在しているのが現実で、イカサマなどの不正行為も横行しています。
違法ネットカジノは合法ネットカジノと違ってライセンスを所持しておらず、守るべきルールや規約もないため、儲けるためなら何でもありなのです。
合法ネットカジノは健全な業界育成のため、不正行為が出来ない環境作りが徹底しており、ペイアウト率なども一定していて、プレイヤーは公平な環境でギャンブルを楽しむことができます。

しかし違法ネットカジノでは、いくら攻略法を駆使しても勝てなかったり、出金が阻止されたりと様々なトラブルに見舞われるのです。
ここでは、イカサマなどの不正行為が横行する違法ネットカジノを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。
不正行為でプレイヤーを陥れる違法ネットカジノには、絶対に登録しないようにしましょう。

イカサマで絶対に勝てない

イカサマで絶対に勝てない
違法ネットカジノで最も多く横行しているのがイカサマなどの不正行為です。
ゲームのプログラミングを改ざんして勝率を意図的に低くしたり、プレイヤーが絶対に勝てない不正行為が仕組まれています。
ネットカジノの中でも高いペイアウト率で知られるスロットゲームですら、フリースピンボーナスの確立を低くしたりして、なかなか勝てないのです。

生配信で行われるライブゲームでも、カードの入れ替えが横行しています。
このように最初からプレイヤーは勝てないようになっているので、いくら投資しても損をするだけなのです。
たまに勝てるプレイヤーもいますが、調子に乗ってさらに賭けるとイカサマを発動させゴッソリと持って行かれるという悪質な手口もあるので注意が必要です。

入金したのに反映されない

ネットカジノで登録後に必用なのが入金で、これをしないとゲームを遊ぶことができません。
しかし違法ネットカジノの場合は、この段階でトラブルが待ち受けているのです。
ネットカジノで良く使われる入金方法は、クレジットカードや銀行振込のほか、オンライン決済サービスも便利で人気があります。

違法ネットカジノもこれらの入金方法に対応していますが、本当に入金されるのかは、やってみないと分かりません。
もちろん合法ネットカジノでも、システムトラブルやメンテナンスなどで入金が遅れたり反映されなかったりすることもたまにあり、海外を拠点にしているだけに確認が難しいケースも少なくありません。

しかし違法ネットカジノの場合は、意図的に入金を反映させずにお金を騙し取ります。
サポートセンターに問い合わせても返答がなかった、「調査中」などと適当に引き延ばされて、いつまで経ってもゲームを遊ぶことができないのです。
入金したのに反映されない

勝利金の出金ができない

ギャンブルの醍醐味と言えば、やはり勝利金を出金して現金化することでしょう。
しかし違法ネットカジノの場合は、ここでもトラブルが待ち受けています。
合法ネットカジノでも出金は入金よりも時間がかかること多いですが、それは安全性を確保するためで、マネーロンダリングや出金先の口座の名義などを逐次チェックしているからです。

すでに違法ネットカジノで入金が反映されないトラブルを紹介しましたが、出金時にも同じようなトラブルに見舞われる可能性もあります。
違法ネットカジノはプレイヤーに意図的に出金させず、サポートセンターに問い合わせても返答がないなど、「調査中」などと適当な返信が返ってきます。

そして、いつの間にかサイトが閉鎖され勝利金と一緒にトンズラするという手口なのです。
プレイヤーは違法ネットカジノに費やした時間もお金も、すべて無駄にしてしまう結果となります。

違法ネットカジノの見分け方

違法ネットカジノの見分け方

誤って違法ネットカジノに登録しないよう、事前のチェックがとても重要となってきます。
まず確認すべきはライセンスの所持で、もしサイトに表記がない場合はまず違法ネットカジノと考えて間違いありません。
次に確認したいのは導入されているゲームの種類で、大手ソフトウェア会社のプレイテック社やネットエント社、クイックスピン社などが導入されていれば、信頼性の高いネットカジノと判断できます。

このような大手ソフトウェア会社は、ゲームを提供する前にネットカジノの信頼性や実績を調査しているのです。
またライセンスと同様に重要なのが第三者機関による監視の受入れで「eCORGA」「TST」などの機関の表記がライセンスの種類と一緒にあれば、信頼のできるネットカジノと言えます。
もしこれらが1つも該当しなければ、間違いなく違法ネットカジノと言えるでしょう。

まとめ

イカサマなどの不正行為が横行する違法ネットカジノを詳しく解説してきましたが、参考になったでしょうか?
世界的にネットカジノが注目を集めていますが、その人気にあやかって不正行為をはたらいているのが違法ネットカジノです。

イカサマなどが横行し、いくら投資しても勝てないばかりか勝利金を持ち逃げされてしまう可能性もあります。
違法ネットカジノで遊んでいるプレイヤーも摘発の対象となる可能性もあるので、怪しいネットカジノは避けるようにしましょう。
初めてネットカジノに登録するという初心者の方は、日本語に対応している大手ネットカジノを選べば問題ありません。

著者:laposadadelreloj

なぜ『ジパングカジノ』はプレイヤー満足度が圧倒的に高いのか?

インターネットの普及により1990年代に誕生した “ オンラインカジノ ” は年々増加し、現在1,500以上のサイトが存在するとも言われています。
その膨大なサイト中でも、群を抜いて「安心して遊べる、優良オンラインカジノ」として人気の高い『ジパングカジノ』の “ プレイヤー満足度が圧倒的に高い理由 “ をご紹介します。
 
 

『オンラインカジノ初心者』が満足する理由

オンラインカジノ初心者が満足する理由

☆ 究極のおもてなし『年中無休・24時間 完全日本語サポート』

オンラインカジノ初心者から、ジパングカジノが好評判を得る主な要素の1つに『年中無休・24時間 完全日本語サポート』が挙げられます。
” 携帯電話OK のフリーダイヤル ” ” チャット ” ” Eメール ” を利用して、専門の日本人スタッフから 24時間・年中無休でサポートを受けることが出来ます。

日本語対応のサポートを提供しているオンラインカジノは多数ありますが、電話やチャットなど、リアルタイムのコミュニケーションサポートは、受付時間を限定しているケースが一般的です。

「11:00 や 16:00 から23:00 あるいは 25:00 限定でライブチャットを開設し、それ以外の時間帯はメール対応のみ」といったオンラインカジノが主流な中、24 時間いつでもスピード感のある対応を受けられるジパングカジノのサポート体制は、初心者にとって心強いでしょう。
 
 

『オンラインカジノ上級者』の評価ポイント

オンラインカジノ上級者の評価ポイント

☆ 誰でも簡単にジャックポット額が確認できる

ジパングカジノが上級者から評判を集めている理由は、『誰でも簡単にジャックポット額が確認できる』点です。ジャックポット額の表示自体は、決して珍しいものではありませんが、ジパングカジノではゲームスペースに入室することなく、公式ホームページを見るだけで確認をすることが出来ます。
 
個別のゲームにインするのではなく、ジパングカジノのトップページに記載されているため「今、どのゲームのジャックポットが魅力的なものになっているのか」が一目瞭然です。

オンラインカジノ上級者にとって「安心して楽しめる」「安全なオンラインカジノである」といった点は大前提として、何よりも「ジャックポットで手にする勝利金が迅速に確認できる=その状況に適した戦略を的確に組む事が出来る」ことは、大きな魅力と言えます。
 
 

ジパングカジノ『独自のサービス』

ジパングカジノ独自のサービス

☆ 新規会員&既存会員 大満足『豊富なボーナス』

オンラインカジノのボーナスといえば、一般的に「登録時や入金時に受け取るタイプ」が多く、既存会員が物足りなく感じる場面も少なくありませんが、ジパングカジノは既存プレイヤー向けのボーナスも豊富に用意されていて、新規会員・既存会員ともに満足度の高いボーナスシステムになっています。

「登録・入金してもらうための新規会員向けのボーナス」といえばウェルカムボーナスが有名ですが、「ジパングカジノを楽しむ既存プレイヤー向けのボーナス」として、平日午前7時~9時限定の『モーニングボーナス』や日曜日限定・高還元が嬉しい『生ものボーナス』、出金条件1倍・現金チップ進呈の『還元ボーナス』など、ユニークなボーナスが楽しめ来ます。
 

☆ 誰でも楽しめる『無料ゲーム』

ジパングカジノでは、勝利金獲得を目指す「リアルプレイ」の他に、無料で遊べる「フリープレイ」が楽しめるゲームも多数用意されています。
「フリープレイ」で遊ぶ場合、勝利しても利益を得ることができませんが、代わりにどれだけ負けても損をすることもありません。

ジパングカジノの雰囲気や、ゲームの個性・特性を理解したい人にとって「フリープレイ」は、良い判断材料になるでしょう。
 
 

『ジパングカジノ』を体験してみよう!

「安心して遊べる、優良オンラインカジノ」として、多くの日本人プレイヤーから人気を博すジパングカジノ。

初心者から上級者・新規会員から既存会員まで、それぞれのニーズに合わせた環境が用意されているだけではなく、新規から既存まで幅広いユーザーに提供するボーナスなど、ジパングカジノは他のオンラインカジノにはないトピックが盛りだくさんです。

安心して遊べるオンラインカジノを探している方は、 “ プレイヤー満足度が圧倒的に高いジパングカジノ “ で遊んでみてはいかがでしょうか?

著者:laposadadelreloj

オンラインカジノのスロットマシンで勝つための立ち回り方

オンラインカジノのスロットマシンで勝つために重要なのが立ち回り方です。
パチンコやパチスロにも立ち回り方があるように、オンラインカジノのスロットマシンにも、勝率をアップさせる立ち回り方があります。
しかしそれを知らずにプレイしている方も多く、中には都市伝説的なものと考え、立ち回り方を知っていながら信じていない人もいらっしゃいます。

確実に言えることは、正しく立ち回ることで大きな損失リスクを減らし、負けにくく勝ちやすい状態に持っていくことができます。
そこで今回は、「オンラインカジノのスロットマシンで勝つための立ち回り方」をご紹介していきますので、是非とも実践してみてください。

ペイアウト率の高いスロットマシンを選ぶ

ペイアウト率の高いスロットマシンを選ぶ
勝ちやすいスロットマシンと勝ちにくいスロットマシンがあれば、誰もが前者を選ぶことでしょう。
これらを簡単に区別できる判断材料となるのが、ペイアウト率です。
ペイアウト率は、オンラインカジノのスロットマシンで勝つための立ち回り方で最も重要な要素であり、とにかくペイアウト率の高いスロットマシンで遊ぶことが大切です。

オンラインカジノのスロットマシンのペイアウト率は、95~96%内であるタイプがほとんどで、限りなく97%に近いスロットマシンを選ぶようにしましょう。
注意点としまして、いくらペイアウト率が高くても、確実にその数値通りの払い戻しを受けられるわけでは無いということです。

ペイアウト率というのは、あくまでも最終的にその数値で落ち着くだろうという目安であるため、短期スパンでは大きく勝つことも負けることもあります。
そもそもペイアウト率が100%を上回るスロットマシンは存在しませんので、多少プレイヤーに不利な状態から始まっていることを忘れてはいけません。

ジャックポットボーナスを過剰に追いかけない

ジャックポットボーナスを過剰に追いかけない
オンラインカジノのスロットマシンで遊ぶ際、とにかくジャックポットボーナス狙いで立ち回っているプレイヤーがいます。
確かにジャックポットボーナスには夢があり、一度でも上位ランクのジャックポットボーナスを引き当てれば、夢のような大金が手に入ります。

しかしスロットマシンのジャックポットボーナスは超低確率であり、日本の宝くじで1等を当てるのと同等、またはそれ以上に低い確率なのです。
そんな奇跡とも言えるジャックポットボーナスを追いかけた立ち回りは、スロットマシンでは絶対に有効では無いと断言できます。
ジャックポットボーナスはあくまでも「超お得なおまけ」として考え、基本はフリースピンやマルチプライヤーで大量獲得を狙うのが現実的です。

最低でも50~100回転は回す

どんなギャンブルでもオカルトと呼ばれる攻略法が存在するものです。
事実、その多くの攻略法はオカルトであり、それを実践したからと言って、確実に勝てるわけではありません。
オンラインカジノのスロットマシンでも同様のことが言えますが、立ち回りに重要な判断材料となるものもあります。
それが最低でも50~100回転は回すことで、これだけ回してフリースピンやその他ボーナスを引けなかった場合には、別のスロットマシンへ移動することをおすすめします。

経験のある方もいらっしゃるかと思いますが、何かしらのボーナスを引けない時というのは、配当成立も少なく、クレジットが凄い勢いで減っていきます。
スロットマシンは乱数発生器を使ってランダムに抽選していますが、そこには波が存在します。
50~100回転回した際に波が悪ければ、サクッと損切りをする勇気も必要なのです。

ヤメ時のルールを作る

ヤメ時のルールを作る
オンラインカジノのスロットマシンで勝てない人の典型的なパターンとして、ヤメ時を見失うことが挙げられます。
勝っている時は「まだまだ伸びるだろう」とさらに追加投資し、負けている時は「もう少し粘れば逆転できるだろう」と、自分の良いように考えてしまいがちです。
それでは負けて当然です。

オンラインカジノのスロットマシンは、完全ランダムでの抽選なのですから、「そろそろ当たる」という概念がありません。
大切なのは、いくら勝ったらヤメる、いくら負けたらヤメる、というヤメ時のルールを決めておくことです。
そのルールを基盤にし上手に立ち回ることで、大敗を防ぐことができます。
ただしルールを決めるだけではなく、そのルールを厳守するという感情のコントロールをきちんと行うようにしましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノのスロットマシンで勝つための立ち回り方についてご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
オンラインカジノのスロットマシンに限らず、高いペイアウト率のものを選んでヤメ時をルール付けするのはギャンブルにおける基本的な立ち回り方です。

そしてジャックポットボーナスに頼らず、50~100回転でスロットマシンの波を判断する、以上のことを頭に入れて、上手に立ち回るようにしましょう。
また収支は短期的に考えるのではなく、長期的に考えることが大切です。
ただし今回ご紹介した立ち回り方は、合法のオンラインカジノのみに通用するもので、ライセンスを持たない違法オンラインカジノでは通用しません。
必ず信頼できるライセンスを持つ合法オンラインカジノで、スロットマシンを楽しむようにしましょう。

著者:laposadadelreloj

ネットカジノのペイアウト率の高さは違法なのか?

ネットカジノのペイアウト率の高さは違法なのか?

ネットカジノには、ペイアウト率が非常に高いのが特徴です。

このペイアウト率とは、一定の金額を支払ったら戻ってくる比率のことであり、50%であれば1万円ベットしたら5千円戻ってくる計算になります。
しかし、このネットカジノのペイアウト率は90%を優に超え、公営ギャンブルの70%、宝くじの50%を超える非常に高い水準です。

この高さは、ジャンブルという観点から見ると違法とも言えるレベルになっています。
なぜ違法なレベルなのか、今回その話題について紹介していきます。
また、ネットカジノのペイアウト率が高くとも違法でない理由についても紹介していきましょう。

ギャンブルの収益を寄付しないのは違法?

日本では、ギャンブルの収益は公共の利益に回す必要があります。
そのため、収益の何割かをそういったものに回すため、必然的にペイアウト率は下がる仕組みになっています。

しかし、そういった法律で動いている日本のギャンブルに対して、ネットカジノは寄付を行わず異常な高さのペイアウト率を誇っているのです。
その点が、違法な高さであるという根拠といえます。

なぜ日本では、ギャンブルの収益を公共の利益に回さなければいけないのかというと、公営ギャンブルの場合は法律があります。
地方財政法(昭和23年法律第109号)の附則として、(公営競技を行う地方公共団体の納付金)第32条の2にそれを定めているのです。
この法律では、簡単に説明すると利益を自治体に納付しなければいけないという決まりが記されています。

つまり、公営ギャンブルの収益を公共の利益に回さないことは、違法になるのです。
こういった法律があるため、ペイアウト率が自然と下がるような仕組みになっており、70%前後に落ち着いているのです。

ギャンブルの収益を寄付しないのは違法?

同様に、法律では記載されていないものの競馬や競輪、競艇やオートレースといったギャンブルの収益金も同様に寄付に回しているため実質いずれのギャンブルも、公営ギャンブルと似たようなペイアウト率になっています。

さらに宝くじに至っては宝くじ収益金の使途という決まりがあり、地方財政法第32条及び地方財政法第32条に規定する事業に充てるように定められています。

この事業は非常に多岐にわたるため、宝くじの収益もそれに伴って様々な分配がされており、自然とペイアウト率も低くなるのです。
その比率は50%であり、ほとんどのギャンブルの中でも特に低い水準となっているのが特徴といえます。

このように、ユーザーが投資した賭け金も見事に行政や社会福祉に寄付されてしまうため、基本的にペイアウト率は低いものとなっているのです。
そういった中、ネットカジノのペイアウト率は、突出して高く違法にならないのはなぜなのでしょうか。
そんな疑問に対して、お話ししていきましょう。

ネットカジノは収益を寄付に回さなくとも良い

ネットカジノは、そもそも収益を寄付に回さなくとも違法になりません。
純粋なギャンブルであるネットカジノは、日本の法律であれば、確かに収益を寄付する必要も出てくるでしょう。

しかし、ネットカジノは海外のサービスであり、日本の法律に沿って寄付を回す必要はありません。
そのため、寄付に回さなくとも違法になることは決してないのです。

ちなみに、パチンコは名目上ペイアウト率は、80%程度といわれています。
こちらは、名目上ギャンブルではあるものの換金できないことになっているため、特に寄付の義務を負うことになるケースはありません。
そのため、ペイアウト率が高めになっているという可能性もあります。

寄付なしの分ユーザーに還元される

寄付なしの分ユーザーに還元される

ネットカジノは日本のさまざまなギャンブルと異なり、寄付や収益の納付をしなくとも違法になりません。
そもそも海外のサービスであり、日本の法律とは関係ないのです。

確かに、ネットカジノは自治政府や運営元のある政府に、ライセンスの申請や更新でいくらかのお金を支払う必要があります。

しかし、売り上げのパーセンテージまで決められてしまっている公営ギャンブルと異なり、その金額は少額です。
そういった背景からも高い収益をそのまま運営元が手にすることができるのですが、それではユーザーが離れてしまうため、そういった収益の一部をユーザーに還元することによって、非常に高いペイアウト率になっています。

確かに、自分の賭け金が地方の活性化や、福祉の向上に役立てられるのは良いことです。
しかし、せっかくなけなしのお金を使うのであれば、ネットカジノの高いペイアウト率を利用して稼いだ方が、お得かもしれません。
この点はプレイするうえで、よく考えてみましょう。

このように違法とも言えるくらいの高いペイアウト率を誇るネットカジノは、寄付や収益の納付をしなくとも違法にならないため、高いペイアウト率が維持されているのです。

著者:laposadadelreloj

オンラインのブラックジャックでカウンティングはできる?

ブラックジャックについて

ブラックジャックについて
カジノゲームとしては最もポピュラーなゲームと言えるものが「ブラックジャック」です。

・カードの数字の合計値がより21に近い方が勝ち
・数字の合計値が21を超えるとバースト(その時点で敗北が確定)
・プレイヤーは数字の合計が21を超えない限りは何度でもカードを引ける
・ディーラー側は数字の合計が17を超えなければスタンド(カードを引くのを止めて勝負すること)ができない

ブラックジャックのルール上、ディーラー側は手持ちのカードの合計値が17を超えない限りは強制的にカードを引かされ続けることになります。

そのためブラックジャックは数あるカジノゲームの中でも比較的勝ちやすいゲームとして認知されており、ブラックジャック専門のプロギャンブラーもいるほどです。

オンラインカジノのブラックジャックの種類

オンラインカジノのブラックジャックの種類
オンラインカジノでプレイできるブラックジャックには、「プログラム型」と「ライブディーラー型」という2つのタイプがあります。

プログラム型は、プログラム上でブラックジャックを疑似プレイできるコンピューターゲームのことを指します。
対してライブディーラー型は、パソコンやスマホの画面の向こうに実在のディーラーが居るタイプの本格的なブラックジャックのことです。

なおプログラム型のブラックジャックであっても、ディーラー側が有利になるような不正な操作をされる心配はありません。
攻略法などを用いない場合は、どちらのタイプを選んでも問題なくゲームを楽しめるでしょう。

カードカウンティングについて

カウンティングとは?
カウンティングとはその名の通り、「使用されたカードを数える」というブラックジャックでは最もポピュラーな攻略法です。
この技を使えば、これまでに使用されたカードの数字を憶えておくことで次に配られるカードの数字を絞り込み、勝利への期待値をアップさせることができます。

とは言え、数百枚あるカードを場に出された順に隈なく憶える必要があるので、この攻略法は誰もがやろうと思ってできるものではありません。
ちなみに、カードカウントを駆使して稼ぐプロのギャンブラーのことを「カードカウンター」と呼びます。

オンラインカジノでもカウンティングができる?
結論から言えば、カードカウンティングは「ライブディーラー型ブラックジャック」のみでギリギリ可能という程度です。
プログラム型では、1回のプレイが終わるたびにカードがシャッフルされてしまうため、過去に使われたカードの数字を憶えても意味がありません。
カードカウンティングについて
それに対してライブディーラー型は、実際のカジノと同じく1プレイが終わるたびに使用されたカードが捨てられ、残ったカードはシャッフルされずにそのまま残ります。
そのためプロ並みの記憶力と推理力があれば、オンラインカジノでもカウンティングの技術を行使することは可能です。

オンラインカジノでカウンティングをする際の問題点
前述のように、条件さえそろえばオンラインカジノでカウンティングを行うことも不可能ではありません。
むしろカジノの実店舗の赴く手間が軽減される分、プロのギャンブラーにとっては美味しい話だと思われる人もいることでしょう。

しかし、実際は以下のような問題点も存在しています。

・カウンティングを禁止しているオンラインカジノも多い→違反すると罰則が科せられる場合がある
・プレイに使用されるカードの枚数がリアルカジノより多い(リアルカジノは平均6デック、オンラインは平均8デック)→予想が絞り込めない

とは言え、カウンティングが禁止されていないサイトであれば、カウンティングの技術を持っている人が有利であることに変わりはありません。
禁止されていなければですが、リアルカジノではまずできない「プレイ中のメモ取り」や「カウンティング用のソフトの使用」などを用いることも可能です。

カウンティングを禁止しているオンラインカジノはあまり多くはないので、オンラインカジノの方が勝ちやすいと考えているプロも多いようです。

ブラックジャックを楽しむ秘訣

カジノ選びは慎重に
プログラム型のブラックジャックもそうですが、例えライブディーラー型のものであっても「不正は絶対にあり得ない」ということはありません。

悪質なオンラインカジノの場合、プレイヤーが目の前で見ていないのを良いことに、不正にカードの数字を操作しているなんてケースもあるかもしれません。
オンラインカジノでブラックジャックをプレイする際は、信頼性の高いカジノライセンスを取得しているなどの質のいいサイトを選ぶようにしましょう。

熱くなり過ぎないこと
ブラックジャックは数あるカジノゲームの中でも、比較的勝率を稼ぎやすいゲームと言われています。
しかし、一般の方が常にプラス収支を維持し続けるというのはやはり難しいものです。

そしてオンラインカジノでは現金がチップ(一応ドル表示ですが)に換算されるため、今どれくらいお金を使ったのか実感しにくい面があります。
負けを取り戻そうとして熱くなりすぎると、さらに傷口を広げる結果になってしまう可能性もありますので、勝負の引き際は常に冷静に判断するよう心がけましょう。

少ない投資でゆったり遊ぶのもアリ
ブラックジャックはスロットゲームなどに比べると1プレイを終えるのに時間が長くかかります。

また、下限レートが低いものを選べば、それだけ少ない投資で長く遊べることになります。
ギャンブルで生活をしているような人なら、場の流れを見極めて時には大勝負をかけることも必要ですが、一般の方はそこまでする必要性はありません。

大金をかけてヒリヒリした勝負を楽しむというのもカジノの醍醐味ですが、少ない投資でゆったりとカジノの雰囲気を味わうというのも乙な物です。

著者:laposadadelreloj

勝負をせずとも儲かる種類豊富なゲーム

ビデオポーカーとポーカーは全く別のゲーム

ビデオポーカーとポーカーは全く別のゲーム
オンラインカジノにはビデオポーカーというゲームがあります。
オンラインカジノには100種類を超える多くのゲームがありますが、そうしたゲームの中でもビデオポーカーはとても高い人気を得ています。

ポーカーと名が付くことから、ビデオポーカーとポーカーは同じゲームだと考えられがちなのですが、実際にはビデオポーカーとポーカーは全く別のゲームです。
ポーカーはディーラーよりも強い役を作ることで勝利となりますが、ビデオポーカーの場合はどのような役を作ったかによって配当が得られます。
ビデオポーカーは対ディーラーとの勝ち負けを競うゲームではなく、勝ち負けを必要としない個人で遊べるゲームです。
役を揃えれば配当をもらえるという点は、ポーカーよりもスロットマシーンに近いと言えます。

役は基本的にポーカーのルールと同じなので、ポーカーをプレイしたいけれどディーラーとの勝負はしたくないという方や、周りに他のプレイヤーがいる環境でプレイしたくないという方にはビデオポーカーがぴったりです。

また、ポーカーの場合はどれだけ強い役が揃っても、ディーラーがそれ以上に強い役だと負けとなってしまいますが、ビデオポーカーならば役を揃えるだけでいいのでポーカーよりも運で勝負することができます。
こうした運により勝敗が大きく左右されるゲームであることから、ビデオポーカーはオンラインカジノ初心者の方からも大変高い人気を得ています。

還元率の高さはオンラインカジノ内No.1

還元率の高さはオンラインカジノ内ナンバーワン
オンラインカジノのゲーム選びで重視されるのはゲーム内容だけではありません。
どのゲームがどのくらい勝ちやすいのかを示す還元率も非常に重要となります。
オンラインカジノのゲームすべての還元率の平均は96%前後となっていますが、ビデオポーカーの場合は98%前後となっていて、この還元率の高さはオンラインカジノナンバーワンとなっています。
遊び方になれてくると100%を超える還元率でプレイを続けることも可能となるので、オンラインカジノで利益を出したいのならばビデオポーカーを選ぶのがベターでしょう。

ビデオポーカーのプレイ方法

ビデオポーカーはどれだけ強い役を作れるかで配当が付くかどうかが決まります。
プレイ方法は至ってシンプルで、チェンジせずに残すカードを決めるだけです。

ビデオポーカーでプレイする際は、まず先にベット額を決めます。
ベット額を決め、ディールというボタンをクリックすると5枚のカードが表向きに配られます。
この配られたカードを見てどのカードを残しどのカードを入れ替えるのかを決めます。

残したいカードをクリックするとカードにホールドという文字が浮かびます。
キャンセルする場合はホールドしたカードをもう一度クリックします。
ホールドが確定したら、ドローというボタンをクリックします。

すると、ホールドしたカード以外のカードが入れ替えられ、どのような役ができたかで配当が決まります。
もし配当が付いた場合は、その配当を使ってダブルアップをするかしないかの選択を迫られます。
ダブルアップするかしないかは自由なので、その時のゲームの流れから決めると良いでしょう。

ビデオポーカーには色々な種類がある

ビデオポーカーには色々な種類がある
ビデオポーカーと一口に言っても実は色々な種類があります
そのゲームの種類ごとにルールも違えば配当も違ってくるので、自分のベット方法や遊び方などから自分に合ったビデオポーカーを選ぶ必要があります。

ビデオポーカーの種類の中でも、最もメジャーなのがジャックスオアベターです。
ジャックスオアベターはジャック、クイーン、キング、エースのワンペアから配当が付くビデオポーカーです。
配当は、ジャック、クイーン、キング、エースのワンペアで1倍で、フラッシュの場合は6倍、フルハウスの場合は9倍となっています。
このフラッシュで6倍、フルハウスで9倍の配当が付くことから、ジャックスオアベターはジャックスオアベター9/6とも表されることがあります。

ジャックスオアベターはビデオポーカーにおいて定番のゲームなので、ビデオポーカーという言葉がジャックスオアベターを指すこともあります。
そして、ジャックスオアベターに次いでビデオポーカーの定番となっているのがデュースワイルドです。

デュースワイルドとは数字の2をワイルドカードとして使えるビデオポーカーで、スリーカード以上で配当が付きます。
ポーカーでスリーカードを揃えるのはそう簡単なことではありませんが、デュースワイルドは2をどんなカードとしても使えるので、2の他にワンペアがあればその時点で配当が確定します。
また2が複数枚来ることも少なくないので、フォーカードやファイブカードを作れることもそう珍しくはありません。
こうした配当の付きやすいビデオポーカーであることから、デュースワイルドもジャックスオアベターに負けない高い人気を誇っています。

他にもジョーカーを加えジョーカーをワイルドカードとして使えるジョーカーズワイルドや、10以上のカードのワンペアから配当が付くテンズオアベターなど、ビデオポーカーには色々な種類がありますので、自分のベット方法、遊び方から自分に合ったビデオポーカーを見つけプレイするようにしましょう。

著者:laposadadelreloj

優良カジノの選別は随時行う必要がある

悪質なオンラインカジノはこんな事をする

悪質なオンラインカジノはこんな事をする

日本語を使って運営していたとしても、中には悪質なオンラインカジノがあることを知っておかなければなりません。

悪質なオンラインカジノで最も警戒しなければならないのは、払い戻しの拒否です。
いくら儲けが出たとしても、払い戻しに応じてもらえなければ意味がありません。
あの手この手を使って支払いを拒否したり、延期したりするオンラインカジノも稀に存在しますから、十分に注意しましょう。

次に、ゲームに勝たせてくれないという問題にも気を付けなければなりません。
大手ゲーム会社が開発したソフトを使用しているオンラインカジノの場合、不正を受けるリスクはなくなりますが、不正なシステムを導入したソフトを用いられてしまっていると、ユーザーに不利な結果ばかりが出てしまい勝ち目がなくなってしまいます。

また、サポートに連絡をしたとしても無視されてしまったり、登録しているメールアドレスに対してスパムメールを大量送信してきたりするといった事例も発生しています。
オンラインカジノからの直接的な被害という訳ではありませんが、そこが起因となって詐欺被害が発生するリスクもあり、この点にも注意を払う必要性があります。

見分ける際のポイントはライセンスの有無

優良なオンラインカジノかそうでないかを見分ける上で最初にポイントとなるのが、ライセンスを保有しているか否かです。

オンラインカジノを運営するにあたっては、政府が発行しているライセンスを保有していなければなりません。
ライセンスを保有していないオンラインカジノの場合には、専門機関からの認証を受けられないオンラインカジノということになりますから、悪質業者である可能性が高まります。

ライセンスを交付するか否かの判断は、オンラインカジノが立ち上げられる瞬間だけではありません。
実際に運営が開始された後も抜き打ちという形で定期的に検査が行われ、何らかの問題があると判断された場合にはライセンスの剥奪など厳しい処分が下されます。
つまり、運営途中でトラブルを起こしたオンラインカジノは、ライセンスを掲示することが出来なくなってしまうのです。

優良サイトの場合には、顧客から安心して利用してもらえるように、必ずライセンスをホームページ内の見分けが付きやすい場所に掲示しています。
ライセンスの掲示が見当たらなかったり、ライセンスについて一切触れていなかったりするオンラインカジノの利用は避けたほうが賢明です。

悪質オンラインカジノで見られるその他の特徴

悪質オンラインカジノで見られるその他の特徴

悪質オンラインカジノは「詐欺サイト」と見なすべき存在です。
欺こうとする運営者が正直な情報を掲載することはありませんから、連絡先を確認すると実在しない住所が使われていたり、連絡が取れない電話番号やメールアドレスが使われていたりします。
問い合わせ等のメールを送信した後、24時間が経過しても一切連絡が届かないオンラインカジノも、悪質と判断して間違いはないでしょう。

ホームページ全体を確認して、誤字や脱字があまりにも多いという場合にも疑わなければなりません。
オンラインカジノは世界各国のユーザーによって利用されていますが、中でも日本人の利用者数は決して少なくありませんから、各社が日本語のサポートに取り組んでいます。
安易な翻訳を使って仕上げられた安っぽいサイトの場合、すぐに閉鎖される危険が高いオンラインカジノと判断できます。

また、ボーナスの条件についても確認が必要です。
相場や常識からは考えられないほど好条件なボーナスが設定されている場合、はじめから払い戻しを行うつもりが無く、詐欺を働こうと企んでいる可能性が高まりますから、注意しなければなりません。

優良かどうかはここを見て判断する

優良なオンラインカジノを探す際には、悪質なオンラインカジノの特徴として挙げたポイントを満たしていないサイトを選ぶことが何よりも重要です。
すなわち、しっかりとしたサイトが作られており、信頼できる政府機関からのライセンスが交付され、なおかつ長年に渡って運営を続けているオンラインカジノを選べば、詐欺に巻き込まれるリスクを大きく下げることができます。

優良かどうかはここを見て判断する

ただし、ライセンスがあるからと言って確実に安全であるという保証はありません。
最終的に頼りになるのは、実際にそのオンラインカジノを利用している人々からの生の声です。
ネット上などで当該オンラインカジノの口コミを調べ、トラブルが発生していないかどうかを確認した上で、オンラインカジノにユーザー登録を行うことをおすすめします。

かつて優良サイトだったとしても、突然悪質サイトに成り下がってしまうこともあります。
口コミや評判を確認する際には、その言葉が投稿された時期を必ずチェックしましょう。
現在~一年前程度の口コミや評判に限定して、優良なオンラインカジノであると分かったら、オンラインカジノの住所などの連絡先が明記されているかを最終確認し、登録へと進んで下さい。

著者:laposadadelreloj

プレイ形態を問わず人気を集めるゲーム

ある意味、最も「オンラインカジノらしいゲーム」といえばブラックジャックです。

オンラインカジノにはスロットマシン、ルーレット、さらにはブラックジャックやポーカーといったトランプを使ったゲームなど、様々なタイプのゲームがあり、それぞれが違った特徴をもっている点が人気の理由の一つです。

様々な楽しさがあるということは、それだけいろいろな楽しさが待っていますし、人それぞれ向き不向きや合う合わないで遊ぶゲームを選べます。
その点もオンラインカジノの魅力なのですが、「ブラックジャックほどオンラインカジノの魅力が凝縮されているゲームは他にはない!」そんな声もあります。

ブラックジャックってどんなゲーム?

ブラックジャックってどんなゲーム?

ブラックジャックとはトランプを使ったゲームで、プレイヤーとディーラーのどちらがトランプの数字の合計を21に近付けられるかというゲームです。
ただし、21を超えると敗北になってしまいますので、勝負の駆け引きが楽しめます。

例えば17となった時、21にするためには4のカードでなければなりません。
可能性としては低いですが、相手が18以上だと予想される場合は勝負に出なければ敗北してしまいます。
一方、20だからと安心して勝負に出なかったら相手は21で敗北するというケースも十分に考えられます。

シンプルなルールである一方で、戦略性が高い点が人気の理由であると共に、オンラインカジノの魅力が凝縮されているゲームでもあります。
なぜなら、ブラックジャックは勝利によって大きな利益を獲得できるのですが、勝利が積み重なればより大きな利益を獲得することが可能です。
また、もう一点、オンラインカジノにぴったりだとされている要素があります。

駆け引きの妙がブラックジャックの魅力

駆け引きの妙がブラックジャックの魅力

ブラックジャックは先にもお伝えしたように、対戦相手に勝利することが目的です。

ルーレットやスロットマシンの場合、対戦相手云々ではなく、良い結果になるよう見守る物です。
その点ではシンプルですし、駆け引きも必要ありませんので初心者が楽しみやすいゲームとも言われています。
一方で、ブラックジャックの場合対戦相手次第になりますし、特にオンラインカジノで増えつつあるライブゲームの場合、ディーラーの姿が見えますので、心理的な駆け引きをより楽しむことができます。

カードを見たディーラーが自信なさげにしているので、楽勝だろうと思ったら実際には21ぴったりだったり、あるいは自信満々に見えたので勝つために勝負をかけたら、実は対した数字ではないので「自爆」となって敗北してしまうケースもあるでしょう。

このように、ディーラーの表情が見えるライブゲームでは、それまでのオンラインカジノのブラックジャック以上に心理的な駆け引きが求められますが、それが楽しいと感じているプレイヤーも多いようです。
むしろこれだけ思う存分駆け引きを楽しめるゲームは、オンラインカジノの中でもブラックジャックだけと言っても過言ではないだけに、多くのプレイヤーがブラックジャックを楽しんでいます。

ブラックジャックとライブゲーム

ブラックジャックとライブゲーム

先に少し触れましたが、ブラックジャックはライブゲームに用いられています。
ライブゲームとはライブ、つまりは生中継で相手ディーラーとの勝負を楽しむものですが、相手の表情が見えるからこそ、相手が何を考えているのかなど、ダイレクトに確認することができますので、その点が醍醐味だと考えているユーザーも多いです。

ライブゲームは生中継になりますが、例えば先に名前が出たルーレットやスロットマシンの場合、生中継をしたところでそこまで従来のオンラインカジノとの変化が見られないものもあるのではないでしょうか。
一方、ブラックジャックの場合、ゲームの画面よりも生身のディーラーがモニター越しとはいえ登場するのです。

それまでのオンラインカジノとは全く違った雰囲気となりますし、生中継だからこそ繰り広げられる駆け引きの妙こそ、ブラックジャックがライブゲームで人気を集めている理由の一つです。
ライブゲームは今後さらに増えていくことが予想されていますが、最もライブゲームの魅力を堪能できるのはブラックジャックだと言っても過言ではないだけに、言い換えれば「今後ライブゲームとしてブラックジャックが増えていく」ことが予想されています。

運次第ではありますが、生中継となるとそれまでのオンラインカジノでは味わえなかった様々な楽しさが待っていますので、思う存分楽しんでみるのも良いでしょう。

まとめ

ブラックジャックは心理的な楽しさもありますので、オンラインカジノの中でも「他にはない楽しさ」が待っています。
しかし、基本的には運です。
どのようなカードが出てくるのかは全て運ですので、決して熟練者だけが楽しめるゲームではありませんので、初心者やまだまだオンラインカジノやブラックジャックに慣れていない人でも、どのようなゲームなのか気軽に楽しんでみると良いでしょう。